Beauty

天然の界面活性剤使用のおすすめフェイスクリーム☆

今日は、天然の界面活性剤使用のフェイスクリームを、
ご紹介したいと思います☆

ちなみに、界面活性剤とは、
別名「乳化剤」と言い、

本来なら混ざらない、
水と油を結び付ける働きをします☆

この、水と油を結びつけることを、
「乳化」と言いますが、

化粧品の乳液や、クリームは、
「水分」と「油」を混ぜて作られますので、

それらを混ぜ合わせるために、
もちろんのこと「界面活性剤」が使われています☆

そして、オーガニック化粧品にも、
「界面活性剤」は使われています☆

「乳化剤」なしでは、
クリームや乳液は作れませんから。。

実際に「界面活性剤」は食べ物にも使われていて、

例えば、アイスクリームや、マヨネーズなど、
逆に、界面活性剤なしっていうのが難しいくらいです。。

でも、問題は、
使われている「界面活性剤」の種類と量!

界面活性剤には、天然のものと、合成のものがあり、
もちろんのこと、合成界面活性剤の方が、強力です!!

そして、水と油を結びつける働きをするものなので、
もちろんのこと、濃度が高いと、
肌バリアを破壊し、乾燥肌や敏感肌を導きます。。

ちなみに油汚れが良く落ちる台所洗剤は、
約半分が合成界面活性剤という説もあります。。

手が乾燥して、
荒れてしまうのも仕方ないですね。。

で、そんな中でも、
体内にも存在する天然の乳化剤、

「レシチン」

を使用したフェイスクリームが、
ヴェレダ アイリスデイクリームです☆

しかも、この乳化剤の配合量が、
全体の5%ほどなんだそうです!!

公式サイトで、成分見てみましたが、
17個中、分からなかったのは、5個だけ。。

あとは、私でも分かるほど、
シンプルなものを使用していました☆

たぶん、手作り化粧品とかやったことある方なら、
ほとんど分かると思います。。

というわけで、
かなり安心して使えるフェイスクリーム♪

ワセリンの、
あまりにもシンプルすぎるスキンケアに飽きてきた私は、
最近、このクリームにハマっています☆

私の大好きなホホバオイルも入っているし、
とにかく花のいい香りですごく癒されます~

使い心地は、
べたつかず、さっぱりしすぎず。。

サラサラするけど、ガサガサじゃない!
触った感じだけでいうと(見た目じゃないですよ)、
子供の肌みたいです☆

ヴェレダは、
オーガニック化粧品の先駆け的な存在で、

いろいろある中でも、
信頼できるブランドだと思っています☆

そーいえば、日焼け止めもヴェレダだ。。

余計なものが入っていない、
軽いつけ心地がいいですねん♪

ちなみに最近は、
先日ご紹介した酢洗顔とこのクリームで、
スキンケアは終わりです☆

参考記事:乾燥から来る大人ニキビには酢洗顔♪

両方ともオーストラリアでも手に入るものですよん♪